カレンダー

2017/04
      
      

広告

Twitter

新しいコメント

記事検索

ランダムボタン

還付金詐欺!?

by 唐草 [2017/04/04]



 「3,000円ぐらい割り引いてやるからウン万円を先払いしろ」って胡散臭い話が来た。そして、それに素直に応じてしまったこのぼく。
 こう書くと完全に老人狙いの還付金詐欺の話に聞こえるかもしれない。
 幸いなことに、というか当然詐欺に引っかかった訳では無い。年金の支払いの話である。
 ぼくのようなフリーランスの人間は、税金から年金、国保に至るまでありとあらゆる公共料金の類を自分で払う必要がある。給与から天引きされていると何にいくら払ったのかを把握できないまま、手取りの少なさに嘆くことになる。自分で払うと手間はかかるが、何にいくら徴収されているのかを把握できる。こうなると、節税意識も高くなるものだ。
 あと、自分で払う場合、年金だけは支払い方法が選べる。
 毎月払うか、1年分を1度にに払うかの選択となる。ぼくは、毎月支払うのが面倒なので毎回一括支払い(前納)を選んでいる。前納を選ぶと約3,000円ほど支払額が免除される。そう、冒頭の話に繋がるのだ。
 安くなるのは嬉しいが、一括支払いでも約3,000円しか安くならないのは物足りない。分割手数料なんかとは違うことは分かっているのだけれども、2%にも満たない割引額ってのは寂しいものだ。せめて消費税分ぐらいは割り引いて欲しいものだ。
 もっとも割引額目当てで前納をしているのではない。仮に割引が無くても前納をしていると思う。毎月支払わなくて良いという手間を選んでまとまった額を払っているのだ。受け取る側だって、毎月の業務が無くなっているはずだ。その事務手数料分ぐらいは、割り引いて欲しいよなぁ。
 なんだかんだで、この話題も毎年恒例になっている。春の不満だな。

この記事へのコメント

名前:

コメント

NOTE: This form does not accept comments written by Ascii code only.

コメント一覧