カレンダー

2017/12
     
16
17181920212223
24252627282930
31      

広告

Twitter

新しいコメント

記事検索

ランダムボタン

3秒台後半とか…

by 唐草 [2017/04/19]



 朝ニュースを見ていたら「京都のベンチャー企業がスポーツタイプの高級電気自動車を発表した」というニュースをやっていた。電気自動車界のフェラーリを目指すとかなんとか大風呂敷を広げている。
 ニュースでは、スペックに関しても少しだけ言及していた。
 「時速100km/hまで、わずか3.7秒」と紹介していた。
 それを聞いて、ぼくは思った。スーパーカー好きのぼくは思った。
 「遅ぇ…」
 今、世界の高級スポーツカーは、時速100km/hまで3秒台前半がスタンダードになっている。2秒台に入って、ようやく「すごい」と言われる世界なのだ。日産のGT-R(の最高級モデル)だって2.8秒を記録しいる。
 フェラーリ、ポルシェなどの老舗スポーツカーメーカーが作る最高級車種のハイブリッドスーパーカーも軒並み2秒台だ。
 加速がすべてだとは言わないが、フェラーリを目指すならせめて3秒台前半を実現して欲しい。
 それより気になったのが、ベンチャー企業にハイスペックスポーツカーを作る総合的な技術があるのかと言うこと。研究成果を活かして、高効率大出力の電気モーターは作れるかもしれない。
 でも、車ってエンジンだけで走っているわけではない。シャシーの剛性、サスペンションなどのしなやかさ、そして空力の効率。これらが高いレベルで融合しなければ、車は性能を発揮できない。EVベンチャーにそこまでの総合力はあるのだろうか?
 会社の沿革を見て、ぼくの不安は消えた。前身は、トミーカイラなのね。なら、大丈夫そうだな。ちゃんと走って、曲がって、止まれる車に仕上がっていそう。加速は、遅いけど。(上の下って意味で)

この記事へのコメント

名前:

コメント

NOTE: This form does not accept comments written by Ascii code only.

コメント一覧