カレンダー

2018/05
  
26
2728293031  
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

雪の痕跡は

by 唐草 [2018/02/04]



 モンハン日記シリーズは終わったが、それがモンハンで遊ぶことを辞めたことを意味するわけではない。まだ、ラスボスまでたどり着いてすらいない。クリア後のやりこみ要素もたっぷりあるようなので、まだまだ遊ぶつもりである。
 ゲーム発売からの1週間。完全な引きこもり状態でゲームに没頭していた。もちろん少しばかりお仕事もしていたが、通勤の必要ない自宅でできる案件だったのでほとんどに外に出ていなかった。唯一出たのは、書類をポストに投函するときだけ。雨降る夜に傘を差しながら、歩いて5分もかからない場所にあるポストに1度行っただけである。お菓子を買うためにコンビニへ向かうことすらなかった。
 これは、あまりにも不健康である。
 こんなに不健全な生活を送っていたら、体調を崩してしまって快適にゲームで遊べなくなる。全力で遊ぶためには、まずは自身の健康を維持すべきである。
 事実、1週間以上自転車に乗っていないので太ももから尻にかけての筋肉が落ちた感じがある。細くなったと言うより、力が入らなくなったという感じがする。
 さあ、20kmぐらい自転車の乗って凝り固まった筋肉をほぐそう!
 と元気よくいきたいところだが、この寒さの中で自転車の乗る気力は湧いてこない。寒さに慣れてないので、すぐに喉が冷えて胸が詰まるような息苦しさを感じてしまう。
 だから、寒さにひよって散歩で妥協することにした。行き先は、いつもの公園だ。
 普段は平日にしか訪れないので、いつ来ても閑散とした印象がある公園。でも、日曜日は違った。親子連れが目立ったが、ジョギングしている人やカメラを片手に散策している人などで賑わっていた。まさに絵に描いたような光景である。
 公園に向かう間にも雪の爪痕が残っていた。顕著なのは交通量の多い幹線道路。タイヤチェーンの影響で舗装が削られていた。路肩が何となく砂っぽいのは、削られたアスファルトのカスだろう。公園内にもいくつもの雪の痕跡があった。一番目立っていたのは、直径2m高さ1mぐらいの火山の火口のように頂点が窪んだ雪山。よく見ると中央部が崩壊したようにも見える。これは、ひょっとしてかまくらの成れの果てではないだろうか?この前の雪なら子供サイズのかまくらなら作れたに違いない。この雪が完全に溶けるのは、まだだいぶ先になるだろう。