カレンダー

2018/08
   
1718
19202122232425
262728293031 
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

脚を短くする

by 唐草 [2018/06/03]



 久々に『PSO2』で遊びだした。シナリオはよく分からないし、ゲームシステムは大味な『PSO2』だが、無料以外にひとつだけ評判のいいことがある。キャラクリエイトの自由さだ。
 だが、それは長らくぼくに無関係な要素だった。PSVitaでサービスが開始されたときに作ったキャラを長らく使い回してきた。PSVitaの小さな画面で頑張って理想のキャラを作ったので、変える必要を感じたことは一度も無かった。なぜキャラクリエイトが課金要素として収入の一角を担えているのか、ぼくには理解できないでいた。
 先日、ふと自キャラが1年中トレンチコートを着ていることが気になってしまった。夏にトレンチコートを着たキャラを操るのは、なんだか季節感がなさ過ぎる。もっと夏っぽい恰好をさせるべきなのではないだろうか?
 課金の衣装ガチャで外れ扱いされている、クールビズな感じのサマースーツをゲーム内通貨で購入した。嬉々として衣装を変えたら、とんでもない違和感があった。
 ぼくの自キャラは、完全にぼくの性癖全開の女性キャラである。スレンダーでクールなお姉さんといった感じだ(こだわりを書きだしたら3回分ぐらいの記事になりそうなので割愛)。だがタイトスカートを身につけたキャラは、明らかに何かがおかしいのである。
 ゲームそっちのけで自キャラを観察して気が付いた。
 脚が長すぎるのだ。今まではトレンチコートのような裾の長い服だったので、腰の位置も脚の長さも半分隠れていた。ところがスーツにした結果、隠されていた脚が露わになった。人として必要な要件を満たしていない長さであった。歩いている姿は、まるで足の長い蜘蛛のようだ。
 こんな気持ち悪いのは、ぼくの理想像ではない。
 と言うことで、迷わず体型変更を行うことにした。体型はスレンダー型プリセットを少し調整したものだったのだが、明らかに腰の位置が上過ぎた。本来へそがあるべき場所に股があるような脚の長さ。足が長いことは美しいとされているが、限度がある。度の過ぎたマンガのようなプロポーションを3Dにすると不気味さの方が目立ってしまうのである。
 脚を短くするという現実では誰も求めないような要素にお金を払う覚悟を決めた。幸い、無料券があったので今回はタダで済んだ。
 でも、脚を短くしたら今度は脚が細すぎることが気になりだしてしまった。まるで虫の脚のようなアンバランスな細さなのである。スレンダー体型が好きだが、骨と皮しかない脚はいやなのだ。早くも次の課金の機会が目の前に迫ってきている。
 どうして体型変更が課金要素として成り立っているのかが、心の底から理解できた瞬間であった。