カレンダー

2018/09
      
23242526272829
30      

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

60秒を輝かせ

by 唐草 [2018/09/09]



 ぼくは、自由気ままにフィールドを散策できるオープンワールド系のゲームが好きだ。昨日も書いたようにストーリーそっちのけでゲームの中の世界を歩き回ってしまう。シナリオ進行よりも地図を埋め尽くす方が重要なのだ。
 合理的にゲームを進めるのならシナリオに従ったほうが無駄なく世界を歩き回れるだろう。最近のゲームはレベルデザインがしっかりしているので、メインシナリオに沿っていれば観光ツアーに参加しているように各所を回れるものが多い。ツアーのようにガイドに沿って動くのも楽しいけれど、やはりなんの制約もなく右も左も分からないまま歩き回るほうが冒険をしている気分になれるものだ。
 いきなり強敵だらけの危険地帯に迷い込んで死んでしまうことだってある。よそ見をしていたら崖から落ちて死んだこともある。シナリオの都合で不自然に入れないエリアを見つけて引き返したこともある。どれもゲーム的にはダメダメな結果に終わってしまったとも言える。でも、ぼくの中ではゲームオーバーよりも未知に挑んだというワクワク感のほうが勝るのである。
 まずは自分の感覚で散歩を楽しむ。世界地図がだいたい埋まったらシナリオを始める。これが、ぼく流のオープワールドゲームの楽しみ方である。
 世界地図が埋まってからシナリオを進めると、どこへ行けと言われてもファストトラベル(瞬間移動)でひとっ飛びできる。ロールプレーに徹するなら歩くべきかも知れないが、知った道を2度も3度も歩くのは面倒でしか無い。ぼくの散歩は、あくまで未知を求める行為なのだ。
 ボタンひとつで遠くのロケーションに飛べるファストトラベルは便利な機能である。リアルでも欲しい程だ。でも、ロード時間の長さだけが玉に瑕である。
 早くて数十秒、長いものだと3分近いなんてこともある。プログレスバーが進むだけのロード画面を眺めているぼくの目は、きっと死んだ魚のような精気のない色になっていることだろう。ゲームによってはTIPSなどを表示して飽きさせない工夫をしているゲームもあるが、ファストトラベルを連発するとTIPSにすら飽きてしまう。だから、ゲーム画面から目を離し、ついついタブレットに手が伸びてしまう。
 でも、いくらロード時間が長いとはいえ、SNSを見たり、まとめサイトを読むには時間が足りない。ちょうどサイトが表示された頃にロードが終わる。そんな間の悪いことが多々起こっている。
 あくびが出るほどに長いファストトラベルのロード時間を退屈せずに過ごすにはどうしたらいいのだろうか?少なくない回数起こる60秒ぐらいの隙間の時間を輝かせる良いアイディアはないだろうか?なお、「ゲームを止める」という選択肢は存在しない。