カレンダー

2018/11
    
17
18192021222324
252627282930 
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

イライラしているの?

by 唐草 [2018/10/26]



 今遊んでいるスマホゲームでイベントが始まった。内容は至ってシンプル。特設ステージのクリアタイムを競うタイムアタックである。
 ぼくはそんな熱心に遊んでいるわけではないので、スタミナ管理が必要になる期間限定イベントには消極的。参加賞をもらう程度しか遊んではいない。課金していないので自軍のデッキが貧弱で最後の方はクリアできない。前回は熱心に遊んだものの、「最終ステージを突破できなかった人の中で330位」という良いんだか悪いんだかさっぱりわからない結果を残している(たぶん相当悪い)。
 頑張ったところでクリアできないであろうことは容易に想像できるので、今回は序盤の低レベルステージだけをクリアして参加賞のみを狙っている。とは言え、一応規定タイム以上でクリアする必要がある。もたもたしているともらえるものももらえなくなってしまう。
 ハイレベルなステージをクリアするためには、属性だとかを考慮してデッキを組んで精緻な操作をする必要がある。でも、ぼくがくすぶっている低レベルステージにはテクニックも戦略もいらない。必要なことはただ1つ。どれだけすばやく画面をタップできるかという反射神経だけである。
 画面が表示されてから内容を把握してタップしていたのでは遅い。タップすべき場所は限られているので画面が表示される前から画面を連打していたほうが、よりよいスコアを狙える。だから、ぼくはローディング画面の段階で画面を連打し始めている。しかも何箇所かタップしなければならないので、指一本で連打しているわけではない。マルチタップ対応だということを最大限に生かして、まるで小さな子供が生まれて初めてピアノを前にしたときのように両手の指でバシバシと画面と連打している。その効果は1秒に満たない僅かな時間だが、塵も積もれば山となる。順調にゴールド評価を取得できている。
 ぼくのプレーを傍から見ていたらどう目に映るだろうか?
 たぶんロード時間に我慢できずイライラしながら画面を両手で連打しているようにしか見えないだろう。「そんなにイライラしてしまうのならゲームなんかやめたほうが良いのに」とか思われることだろう。
 「いや、けっしてイライラしているわけではない。これがベストなプレースタイルなんだ」と弁明しても誰も信じてくれないだろう。だから、ぼくは自室でこっそりとタイムアタックに参加しているのである。