カレンダー

2019/12
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

次のスマホは?

by 唐草 [2019/06/19]



 次にスマホを買うんだったらHuaweiにしようと考えていた。でも、残念ながらこのアイディアは完全に打ち砕かれてしまった。米中の貿易戦争が、こんな形で自分に直接的な影響を及ぼすなんて夢にも思っていなかった。
 初めの頃、両国はお互いに牽制しあっているだけだろうと楽観視していた。しかし、事態は悪化していくだけだった。
 
・Googleがアプリ提供を停止
・ARMがARM互換プロセッサの知的財産権利用許可を停止
・GoogleがAndroid OS提供を停止
・SDアソシエーションがHuaweiを除名
・Facebookもアプリ提供を停止
・Huaweiが独自OS発表をアナウンス
 
 これが今日までの主な出来事だ。もうここまで来てしまったら、簡単には元に戻らないだろう。それどころか制裁がさらに進み、USBの搭載がダメになっても不思議がないほどだ。まだHuaweiのスマホを購入していなかったことが、ぼくにとって唯一の救いだった。
 国内では、まだHuaweiのCMが流れている。SIMフリー版ならまだ購入することだってできる。でも、あまりにもお先真っ暗という状況では無いだろうか?
 ぼくがHuaweiのスマホに興味を示していたのは、圧倒的なコスパの良さゆえだった。ネットを見るだけでなく、そこそこゲームなどで遊べる性能を持っている。それなのに同クラスの他社製品より安い。まさにかゆいところに手が届くような絶妙な性能とお値段の組み合わせだった。これはブランドへのこだわりのないぼくにとって、他の選択肢を奪う大きな魅力だった。
 でも、現段階でいくらコスパが良いとは言え、もしかしたら全く使い物にならなくなる可能性があるというリスクを受け入れることはできない。それにぼくは純粋なAndroid OSを使いたい。Huawei独自のOSには好奇心的な興味はあるが、日常使いしたいとは思わない。こう考えてしまうと、とても購入してみようという気持ちにはなれないのだ。
 じゃあ、他に何を買えばいいのだろうか?
 Huaweiの圧倒的なコスパ、それも身を切ってでも市場を制してやるという野心的にさえ思えるコスパを知ってしまうと、他のどのメーカーもなんだかちょっと高いように思えてならない。それでも、どうにか選ぶならGoogleのPixel 3aあたりに手を出すのが無難なのかもしれない。