カレンダー

2020/11
30     
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

Wi-Fiルータがカワイイ

by 唐草 [2020/11/13]



 PCでもスマホでもネットワーク接続設定は欠かせない設定だ。新しい機器を手に入れたら真っ先に取り掛かることになる。
 有線LANは、パスワードを打つこともなくケーブルをつなぐだけでネットに繋がる。Wi-Fiはいろいろな設定手段があるが、最近のWi-Fiルーターは本体のボタンを押すだけで済むことが多い。有線に比べるとWi-Fiは少し面倒かもしれないが、難しいと感じるような作業ではない。
 だが、家に自称「パソコンの大先生」みたいな人物がいると単純な話がドンドン面倒な方へとこじれていく。セキュリティーがどうのこうのとか言い出して、簡単に出来るようにと提供された便利機能を親の仇のように敵視して片っ端からオフにしていく。鉄壁の守備を実現できるかもしれないが、そこで暮らす人々にとっては迷路を作られてしまったようなもの。ネットに繋ぐだけで苦行のような設定を重ねなければならなくなる。
 我が家がまさにその状態だ。
 あまり意味がないと知りながらもステルスアクセスポイント化しているので自動設定は一切使えない。パスワードも意味不明で恐ろしく長い文字列で人間が記憶できる範囲を超えている。いつもノートを見ながらパスワードを打つことになるので、かえって危険な気もしないでもない。
 IPアドレスの割り振りだけは自動設定を使っているとは言え、サーバがあるのでほとんどを手動で設定するハメになっている。ルーターが本来するべき仕事を全部ぼくが手動で行っているようなもの。ぼくはルータの奴隷だろうか?
 なんだか最近、我が家のルーターはさらに仕事を放棄し始めた。DNS問い合わせに返答をしてくれないのだ。そのせいでドメイン解決ができず、Wi-Fiがつながっていてもネットにアクセスできなくないでいる。仕方ないので家にある全ての機器のDNSを手動で設定して回った。
 ひょっとしてこれは、ぼくが手動設定大好きだということを我が家のルーターは見抜いたのだろうか?ちょっと意地悪なルーターかもしれないが、ぼくの好みのど真ん中にアプローチしてきているぞ。
 なお、普通こういう現象を故障と呼ぶ。