カレンダー

2017/10
    
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

快適な睡眠を

by 唐草 [2018/07/20]



 ここ何日かの暑さは尋常でない。物の例えではなく本当に命への危険が迫っている暑さである。そんな中を生きていくためには冷房は欠かせない。この暑さの中で「冷房なんていらない」と主張することは、間接的に人を殺そうと考えているか、すでに熱で脳がやられているかのどちらかとしか思えない。もはや冷房は、命を守る機器なのだ。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

氷で体を温める

by 唐草 [2018/07/19]



 数日前にも書いたが、暑い季節に電車に乗ると腹を壊すことが多い。これは、冷房と汗の気化熱のダブルパンチによる冷えが原因だ。自分自身を冷やしすぎて腹を下してしまうのである。なんとも虚弱である。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

鬼教官とサイコパス先生

by 唐草 [2018/07/18]



 半期なんてあっという間である。特に大学の場合は。一般的な半期は多分6ヶ月を意味する。しかし、大学だとそうではない。4月上旬から7月下旬または、9月中旬から1月上旬のごく限られた期間を示す。前期は、実質3ヶ月半ぐらいの短い期間でしかない。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

灰色のネットワーク機器

by 唐草 [2018/07/17]



 先日、PS4のインターネット接続を有線LANに変更した話を書いた。結論から言えば、顕著な差は現れなかった。それどころか、部屋に置いたスイッチングハブが100Mbpsにしか対応していない古いモデルだったので、仕事用Macの通信速度が1/10になってしまった。踏んだり蹴ったりな結果であった。電源確保のために絡まったケーブルと格闘したのは一体何だったのだろう?
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

三連休を確保せよ

by 唐草 [2018/07/16]



 今日は「海の日」だそうだ。世間は三連休らしい。残念なことに大学というのは、世間に含まれないようだ。今日も各種講義が開講されている。
 年間スケジュールのことを考えるとカレンダーに従えないのも理解できる。もし何も考えずにカレンダーに従うと月曜日ばかりが休講になってしまう。週単位で動く組織をうまく動かすためには、カレンダーを無視する必要があることは理解できる。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

気分は、もう夏休み

by 唐草 [2018/07/15]



 非常勤講師という気楽な立場で大学に勤めているぼくは、オッサンになった今でも学生と同じカレンダーで生きている。ようするに夏休みと春休みが、月単位で数えられるほど長いというわけだ。試験が無い分、学生より気楽であるとも言える。まぁ、休み期間はただの無職に成り下がっているのだけれども。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

久々のサイダー

by 唐草 [2018/07/14]



 ぼくは、三ツ矢サイダーが大好きだ。このことは何度もここに書いてきた。1日に250ml缶1本までというマイルールを厳守しているが、摂取する飲み物の中ではコーヒーに次いで多いはずだ。あるときは、涼を求めて飲む。別のときは、手っ取り早く糖分を取得するためにエナジードリンクのように飲む。時と場合に口実を合わせてガブガブ飲んでいるのである。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

カモメとネコ

by 唐草 [2018/07/13]



 先日テレビを観ていたらカモメが映った。どこかの島に生息する野生のカモメである。水に濡れても平気なツヤツヤで白い羽根。眼光鋭い金茶の瞳。流線型の尖って長い嘴。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

中から濡れるか、外から濡れるか

by 唐草 [2018/07/12]



 今日の多摩地区は、朝から不安定な天気だった。雷が予想されていたので不安定な天気になることは想定していた。でも、ぼくの想定を上回る不安定さだった。しかも、結局雷には遭わなかったし。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

腹で感じる夏

by 唐草 [2018/07/11]



 冷房無しでは生活のできない季節がやってきた。自宅も職場もお店も電車もバスもどこでもガンガンに冷房が効いている。もう、エコだとか節電だとか意識の高いことを言っている余裕は無い。へたをすれば熱中症で命を落としかねない状況がすぐ隣にあることを忘れてはならない。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。