カレンダー

2019/07
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

ガラケー禁止

by 唐草 [2019/06/25]



 バスや電車といった公共交通機関は、現代日本になくてはならない存在だ。明日からJRが消滅したら日本は崩壊するだろう。ちょっと遅延しただけでも社会に大きな混乱が生じている。公共交通機関はただの輸送網という域を超えてライフラインに近い存在になっていると言えるだろう。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

400%

by 唐草 [2019/06/24]



 PCオタクは、ベンチマーク(性能チェック)テストが大好きだ。新製品が出るたびに様々なテストで優劣を競う。いくつものベンチマークソフトを使い分け、様々なハードの組み合わせを試して「こっちで勝った」とか「あっちで負けた」と騒いでいる。結局のところ男子は、いくつになっても速くて強い方が好きなのだ。スポーツカーの馬力にキャッキャと騒いでいるのと完全に同じ。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

ネタスタック

by 唐草 [2019/06/23]



 プログラムの勉強は、どの言語を選んでも基本的な流れは変わらない。変数から始まり、制御構造、配列ときてデータ構造に至る流れが多い。データ構造の基礎がキューとスタックである。プログラムとかデータ構造とか書いているので、キューもスタックも縁遠い存在に感じられてしまうかもしれない。そんなことはない。むしろ身の回りにあるものをプログラムで再現しているに過ぎないのだ。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

RPGハウス

by 唐草 [2019/06/22]



 今日のミッションは、包丁を研ぐことだった。人を刺そうとかそういう物騒な目的のために研ぐのではない。やわらかい野菜とかを切る際に刃が引っかかって押しつぶすような感じになってしまうのが、ここのところ気になっていたからだ。それに切れ味の悪い包丁を使う方が大きなケガにつながる。安全と快適さのために研ぐのだ。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

出前バイクの帰還

by 唐草 [2019/06/21]



 料理のデリバリーサービスである『Uber Eats』の記事を眺めながら考えていたことがある。
 ぼくは東京都在住と言えども多摩の奥地にひっそりと暮らしている。そんな秘境エリアなので、残念というか当然というか判断に迷うところであるが『Uber Eats』のサービスエリア内ではない。だから、街中を颯爽と走り抜ける『Uber Eats』の配達員を見たこともない。ぼくにとってはまだまだ縁遠い存在だけれども、興味はある。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

寝る時間

by 唐草 [2019/06/20]



 古くから人間は「朝型」と「夜型」の2つに区分されると言われていた。昔は経験則に基づくだけの根拠の乏しい意見だったのかもしれない。しかし、研究が進むにつれことの深刻さが次第に明らかになっていった。今では、朝型と夜型は遺伝子に左右されているという意見が主流である。根性や規則正しい生活の継続で夜型から脱却できるわけでもない。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

次のスマホは?

by 唐草 [2019/06/19]



 次にスマホを買うんだったらHuaweiにしようと考えていた。でも、残念ながらこのアイディアは完全に打ち砕かれてしまった。米中の貿易戦争が、こんな形で自分に直接的な影響を及ぼすなんて夢にも思っていなかった。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

小麦色

by 唐草 [2019/06/18]



 「汚職事件」のことを「お食事券」だと勘違いした経験は、幼き日の頃の思い出として多くの人の脳裏に刻まれているのではないだろうか?ぼくが小学生低学年だった頃は様々な贈収賄事件にメスが入れられていた時期だったので、テレビのニュースからは連日のように「おしょくじけん」という言葉が流れていた。ぼくも当然「お食事券」だと信じて疑わない純真かつバカなお子様だった。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

巣立ちの季節

by 唐草 [2019/06/17]



 ぼくの職場は小さな山の上にある。物流道路として名を馳せている国道の近くなので、山頂とは言え陸の孤島というほど人里から隔絶されているわけではない。それでも敷地の周囲をぐるりと囲む雑木林が、結界のような役目を果たしている。バブル期の面影を残す無駄に装飾的な建物がいくら並んでいようと、多摩の田舎の雑木林に抱かれているというのどかな空気が流れている。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

1週間後の結論

by 唐草 [2019/06/16]



 先週は、ゲームの祭典E3ウィークだった。世界中のゲーム好きは、さまざまな話題で一喜一憂していたことだろう。ぼくも気になっているゲームの動向に振り回され続けていた。要するにゲームのことしか考えていない1週間だった訳だ。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。