カレンダー

2019/08
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

憂鬱なアップデート

by 唐草 [2019/07/20]



 PCのアップデートって嫌われがちな印象が強い。アップデートというのは修正版が無料でやっくることだ。これが紙の本ならば誤字を直した新しい版が無料で届くようなものである。嫌われる要素なんてどこにもない。むしろ、メーカーの親切さに驚いてしまうほどだ。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

名を知らぬ出来事

by 唐草 [2019/07/19]



 世の中のすべての物や出来事に名前が付いているのだろうか?きっと、名前の付いていない「もの」や「こと」は多くある。大きすぎたり、あるいはその逆に小さすぎたりして人間の目に見えないスケールのものなんて名前が付いていない方が多いかもしれない。それどころか、ぼくらの目の前に当然のように存在しているものにすら名前が付いていないことだってあるだろう。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

雑に聞いている

by 唐草 [2019/07/18]



 ぼくのタブレットには数百曲もの音楽が収められている。古い音楽にはあまり興味が無いとは言え、数曲は20世紀に作られた曲も入っているはずだ。ジャンルとアーティスト(個人的にバンドや歌手をアーティストと呼ぶのはキライだが)の偏りは激しい。プレイリストを見れば、ぼくがどんな音楽を好むのかがすぐに分かるだろう。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

駅前はカオス

by 唐草 [2019/07/17]



 来週に迫った参議院選挙。各党・各候補が必死に選挙活動を繰り広げているが、やっていることは50年前と変わらず名前を連呼するだけ。お金をばらまかなくなったぐらいの変化しかないのだろう。この旧態依然な活動はいつまで続くのだろう?
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

Lite

by 唐草 [2019/07/16]



 かねてから発売が噂されていた新型Nintendo Switchが先日発表された。期待と願望入り交じる事前予測が加熱していたせいで発表された内容に新鮮味はなかった。世間の予測を裏切るようなサプライズを心の何処かで期待していたので、ぼくとしてはなんとなく残念な気分さえあった。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

長さと角度

by 唐草 [2019/07/15]



 久しぶりにマウンテンバイクに乗ったら肩が凝ってしまった。日頃の運動不足がたたったという側面もあるが、それだけではない。実は乗る度にひどい肩こりに見舞われているのである。おそらく原因は、ぼくだけではなく自転車の方にもあるはずだ。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

避難生活体験会

by 唐草 [2019/07/14]



 昨日、都内の某公園で避難生活体験会が開催されているというニュースをやっていた。なんでも、この3連休を公園に張ったテントで過ごすというイベントだそうだ。ニュース映像では仮設トイレの組み立ての体験なども紹介していたが、説明がなければのどかなキャンプ風景にしか見えない。思わず「それってただの週末家族キャンプじゃないのか?」とツッコミを入れてしまった。ベタなツッコミを入れてしまったのは、ぼくだけではないだろう。きっとニュース番組を見ていた多くの人が、ぼくと同じ気持ちを抱いたに違いない。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

ゆっくりと狂っていく

by 唐草 [2019/07/13]



 雨の降っていない週末って、なんだか久しぶりな気がする。梅雨に突入して以来、ずっと雨模様の週末が続いていたような記憶がある。今年の手ごわい梅雨のせいで、ぼくの自転車はすっかり出番を失っていた。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

ミルクの王者

by 唐草 [2019/07/12]



 コーヒーが好きだと主張する人間にコーヒーの話題を絶対に振ってはいけない。これは、アニメオタクに声優の話を振ったり、鉄道オタクに車両の話を振るのと同じぐらい危険な行為、ともすれば自殺行為と言って差し支えない行為である。間違いなく、早口で己の薄っぺらな信条をまくしたてて来るだろう。世間的にコーヒー好きは、オタクとして認識されていないかもしれない。しかし、閉鎖的でこだわりが強い性質を考えれば、オタクと呼ぶのがふさわしいのではないだろうか。少なくとも鏡に写った己の姿を鑑みる限り、それ以外の考え方は浮かんでこない。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

インジケーターミニマリスト

by 唐草 [2019/07/11]



 ぼくは、ある種のミニマリストかもしれない。と言っても、見世物小屋で奇妙な生き物を見せるのと同じノリでテレビが特集する「身の回りのもの全部捨てちゃいました!」というようなタイプではない。はたまた「尊敬する人は、スティーブ・ジョブズです!」と声高らかに宣言するような意識が高そうな人間でもない(ぼくはジョブズはクズだと思っている)。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。