カレンダー

2019/09
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

ラズベリー

by 唐草 [2019/08/17]



 台風が去ったら猛暑が帰ってきた。台風一過という言葉は「台風の後はよく晴れる」という意味である。でもここ数年、台風が去っても抜けるような青空がやってこない。代わりにやってっくるのが、南からの熱波がもたらす猛暑日だ。あと数年もすれば台風一過の意味が変わっているかも知れない。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

川は怖い

by 唐草 [2019/08/16]



 夏のレジャーと言えば水遊びだ。海に川、そしてプールと水のあるところに多くの人が集まっている。うだるような暑さから逃れるには、水辺が一番。泳げなくても、水をバシャバシャと掛け合っているだけでも楽しいものだ。冷静に考えると水遊びの何が楽しいかわからないが、いつもとは違う場の雰囲気が水しぶきさえ輝かしいものに見せてくれているのだろう。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

勝ったけど負けた気がする

by 唐草 [2019/08/15]



 ぼくはゲーム大好き人間だ。時間と体力が続く限りコントローラーを握っていたいと願っている。多くの時間をゲームに費やしているぼくではあるが、ゲームは気軽に楽しみたいと考えているカジュアルゲーマーだ。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

ビッグブリッヂ

by 唐草 [2019/08/14]



 最近、道路標識に書かれたローマ字表記の地名が次々に改められている。色んな所にある青い道路標識をよく見るとローマ字の部分にテープが貼られているのが分かるだろう。これら急ごしらえの対応は外国人がより意味を理解しやすくなるための措置らしい。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

何言ってるか分からない

by 唐草 [2019/08/13]



 ぼくは昔から洋楽ばかり聞いている。初めは背伸びしたいという中高生らしい思いから聞き始めたし、背伸びしている自分に酔っているいる部分もあった。最寄りの駅にあったCDショップに寄っても、1階の邦楽コーナーには目もくれずに洋楽コーナーのある2階へと続く階段を登っている自分が大人なような気さえした。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

アメリカの地理

by 唐草 [2019/08/12]



 学問の志向を大まかに二分すると一般的に理系と文系という区分になる。ぼくは明らかに理系的な人間だ。高校では理系クラスに属していたし、一番好きな科目は化学だった。いろいろあって化学の道には進まなかったが、紆余曲折の末に情報系の世界に身を置くこととなった。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

少し焦げる程度に

by 唐草 [2019/08/11]



 ぼくは「主食は菓子パンです」と自己紹介しても良いと思っているぐらいに菓子パンが好きだ。菓子パンに区分されるものなら、甘いものでもしょっぱいものでも分け隔てなく食べる。高級志向が強いということもない。もちろんお高い菓子パンの方がおいしいのは揺るぎない事実だ。でも、コンビニ菓子パンの駄菓子的なおいしさも捨てがたい。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

夏の夜の空に

by 唐草 [2019/08/10]



 夏休み開始前から自堕落宣言をしていたぼくであるが、実は小さな目標を抱いていた。「何もしないをするんだ」みたいなスヌーピーあたりが言っていそうなプチ哲学的な目標を立てていたわけではない。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

ただいまの温度は

by 唐草 [2019/08/09]



 夏になるとぼくはサーバ室の温度のことしか考えていない。この夏もすでに何度もここに書いている。温度のことだけを考えていて許されるのは、自由研究に取り組む小学生ぐらいのものだろう。少なくともいい年した大人が、毎日考えているべきテーマではない。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

夏休みとノートPC

by 唐草 [2019/08/08]



 明日からお盆休みである。久しぶりに雇われの身になって1回目の夏休みである。自称フリーランスとして10年ぐらい活動していた間は、明確な夏休みなど存在しなかった。これは夏休みを取れほど忙しかったという意味ではない。自分の判断で「今日から夏休みだ!」と宣言すれば無限に続く夏休みを得ることができた。そのため、始まりと終わりと誰かに決められた夏休みが存在しなかったということである。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。