カレンダー

2020/06
 
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

USBは左

by 唐草 [2020/06/06]



 スマホが登場した頃、つまり10年以上前になるが、デバイスの向きに合わせて回転する画面に未来を感じた。今では当然の機能だし、画面回転が邪魔なのでOFFにしている人も少なくないだろう。それでも、登場した時は度肝を抜くような新鮮さで迎えられていた。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

エコの顛末

by 唐草 [2020/06/05]



 今日は真夏日になるらしいという天気予報を小耳に挟んだ。ほとんど外出をしていないので季節感覚を失いかけているが、季節は止まることなく進み既に6月に突入している。ちょっと南風が吹き込めば真夏日になっても不思議はない時期である。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

まるで魔法のように

by 唐草 [2020/06/04]



 「間違ってデータを消してしまったんですけど、元に戻す方法ありませんか?」というおめでたい問い合わせが来た。当然のことながら消す前には警告が出る。強い言葉が並ぶ警告を目にすると消そうと思っていた気持ちまでくじかれそうになる。システム的なガードと心理的なガードを組み合わせているので、ちょっとやそっとのミスでは消せないようになっている。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

残念だけどホッとした話

by 唐草 [2020/06/03]



 今回のコロナ禍は、現代社会の根幹を揺さぶり多く物の事を変容させている。百年後に歴史を振り返ったら、きっと今が大きな転換点として記録されているのだろう。身の回りでも多くのことが、目まぐるしいスピードで変化していっている。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

効率プレーの行き着くところ

by 唐草 [2020/06/02]



 ぼくはゲームの中で頑張るのは好きじゃない。昔から何度も死んで攻略法を覚えていくタイプのゲームはキライだった。歳を重ねるごとにその傾向はますます強くなっている。だからフロム・ソフトウェアのゲームは絶対に買わなくなったし、ノーマルではなくてイージー、さらにはベリーイージーを躊躇なく選ぶようになった。ゲームの中ではラノベの主人公のように苦労なく七面六臂の大活躍をしたいのだ。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

1ヶ月乗り切れた

by 唐草 [2020/06/01]



 結局、5月は1度も出勤せずに済んだ。これはぼくにとってコロナ対策以上に意味のある結果である。
 ぼくはこの2ヶ月で2度だけ出勤したが、いずれも同じ理由によるものだった。リモート環境をインストールしてあるiMacがフリーズしてしまってにっちもさっちもいかなくなったからである。電源ボタンを長押ししてMacを強制終了させるためだけに出社したのだった。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

プラン変更?

by 唐草 [2020/05/31]



 6月も在宅勤務推奨のお達しが出た。行かなくていいと言われているのだから素直にそれに従うだけ。張り合いはないが楽なリモートワークをもうしばらく満喫できそうである。6月は梅雨に入って雨も増えるだろう。鬱陶しい雨の中通勤しなくていいというのもぼくを喜ばせている。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

製氷機の自爆

by 唐草 [2020/05/30]



 リビングで食事をしていたら、背後から「ポタ、ポタ」と水の滴る音が聞こえてきた。雨も降っていないし、背後に水道もない。それなの水滴の音が響いている。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

例のマスク

by 唐草 [2020/05/29]



 リビングの片隅で無造作に積み上げられた郵便物。重要なものはすぐに開封されるのでこの山の中には無い。山の地層を成しているのは、どうでもいいDMや宛名すらなくポスティングされた広告ばかりである。山のライフサイクルは短く、資源ごみの日が訪れるごとに小さくカラフルな紙の山は跡形もなく消える。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

rain on everyone’s parade

by 唐草 [2020/05/28]



 ゲーム『Fallout 76』で多くのユーザが再来を待ち望んでいた季節イベント「ファスナハトパレード」が度目の開催となった。
 「ファスナハト」はドイツ系の人々の間で親しまれている実際のお祭りで、奇妙な仮面をかぶって春の訪れを祝うそうだ。ハロウィンの春版という感じだが、日本での知名度は無いだろう。ぼくもゲームを通して初めて知った。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。