カレンダー

2022/08
 
1920
21222324252627
28293031   
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

鳥の缶バッジ

by 唐草 [2022/05/06]



 一部でネットミーム化している七色に光りながらグルグルと激しく首を振る鳥のGIFアニメ。ぼくはSlackで活用している。親指を立てる「いいね」サインじゃ喜びを表現しきれないときなんかに使い勝手がいい。
 一部で大人気の光る鳥は、パーティーパロットと呼ばれている。ネットで検索すれば誕生のきっかけを知ることもできるが、ぼくのようにバックボーンなんてなにも知らずに面白がって使っている人が大多数だろう。
 猫のミームと同じようにパーティーパロットもネットの世界を飛び出し、Tシャツやマグカップなどのグッズが売られるようになっている。なかには秀逸なデザインのものもあり買おうと思ったものもある。でも、海外発送なのでTシャツより送料が高くつくことに気づきぐっと我慢した。
 先日、パーティーパロットはクリエイティブ・コモンズ4.0で配布されていると教わった。オリジナル作者の名前を載せれば、改変することも、商用利用することもできるライセンスだ。つまり、欲しいパーティーパロットグッズがあれば素材をコピペーして自分で作ってもいいし、パクリだとか後ろ指さされず堂々と売れるということ。
 そうと分かれば作るしかない。久々に製作への情熱が湧いてきた。
 Tシャツを作るのもいいけれど、やっぱりぼくは缶バッジを作りたい。缶バッジ大好きオジサンなのだ。
 小さな缶バッジの元絵と言えども、しっかりIllustratorで作るのがぼくの流儀。だが、パーティーパロットの元絵は小さなGIFしかない。一応、Illustratorでも使えるデータもあるが、10コマのアニメの1コマ分だけ。GIFアニメの激しい回転を伝える一枚絵のデザインを作るには、ちょっと物足りない。
 なければ作るしか無い。GIFアニメを元にせっせとベジェ曲線を引いて印刷用データを作り始めた。
 丸い缶バッジに収まるように複数の画像を配置したのだけれど、どうもしっくりこない。パーティーパロットの面白さの95%は、あの動きと色の変化なんだということを痛いほど思い知らされた。
 なんとか鳥が回っているように見える缶バッジを仕上げたい。