カレンダー

2022/09
    
2627282930 
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

AIいらない

by 唐草 [2022/09/23]



 作業用BGMを流しながら仕事に集中したい時。ベッドでゴロゴロしながらゆったり音楽を楽しみたい時。聞く音楽も違うし、聞く姿勢だって違う。それなのにぼくが音楽を聞くために使っているデバイスはいつも一緒。
 小さなカナル型のイヤホンだ。
 音質にこだわりはないので、ノイズキャンセリング機能もない有線の小さなイヤホンが奏でる音に不満はない。音には不満はないけれど、長時間聞いていると耳の穴が痛くなってくるし、音楽を聞く姿勢も限定されてしまう。
 音楽を聞きながら眠りに落ちてしまうと目が覚めたときには顔にくっきりと切り傷のようなケーブルの跡が残っている。長時間ダラダラと流すように音楽を楽しむのであれば、やはりイヤホンやヘッドホンではなくスピーカーがあったほうがいいのだろう。
 と言うわけで、とりあえず音が出るレベルの品で良いので小さなスピーカーを買うことにした。先日、オーディオ沼に近づいて身の危険を感じたので、レビューには目を通さずスペックと値段だけで品を選ぶことにした。
 どうせスマホに入れた音楽をBluetoothで飛ばして聞くだけなんだし。聞く音楽もクラシックのように繊細なものではない。良いスピーカーを買うだけ無駄だ。それよりは操作性とか設置の自由度の方が重要。モノラルで十分だろう。
 オーディオマニアが聞いたら怒りのあまり気を失いそうな基準で品定めをしていった末にたどり着いたのが、AmazonのEcho Dotだった。まん丸の球体型ボディーの見た目もかわいい。
 AmazonのEchoシリーズといえば、Alexaと対話できるスマートスピーカーとして有名だ。Alexaに語りかけて家電を操作したり映画を見たりと数年前までSFの世界だけに存在していた近未来的な生活を実現できるハイテクデバイスだ。
 でも、ぼくはAlexaを求めていない。ぼくが欲しいのは、あくまで小さなBluetoothスピーカー。未来らしい生活を送る気はない。古い時代に生きていると笑われても良い。だからAlexa抜きのEcho Dotを売ってほしい。