カレンダー

2014/04
  
1516171819
20212223242526
27282930   
       

広告

Twitter

新しいコメント

記事検索

ランダムボタン

RMT業者を利用する

by 唐草 [2014/04/14]



 今年の初めにも書いているが、ドラクエXにもRTM業者が少なからずいる。
 運営はしっかり対策を行っていると実績を発表しているが、一向に業者が減っている気配は見られない。お金を多く落とす敵や高価な素材を落とす敵がいるエリアは、一目で業者だと分かるようなお金儲け構成のPTが黙々と敵を倒し続けている。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

Windows考

by 唐草 [2014/04/13]



 Windows xpのサポート切れの影響で、泣く泣くxpに別れを告げた人も少なくないだろう。ぼくもそのひとり。
 さて、別れを告げた人は、どのOSに乗り換えたのだろう?
 ぼくのようにVistaに乗り換えた物好きは、少ないだろう。これは間違いない。そして、これは愚かな選択だ。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

新しい耳栓

by 唐草 [2014/04/12]



 使っていたゴム製の耳栓が壊れてしまった。
 インナータイプのイヤホンのような形をした耳栓を使っていたのだけれども、耳に入れるキノコの傘のような部分の付け根が半分以上ちぎれてしまった。このまま使い続けると、耳の中にキノコの傘が残って耳栓が外せなくなりそう。そう考えると、怖くて使えなくなる。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

もっともやる気の出ない枠

by 唐草 [2014/04/11]



 2014年前期にぼくが担当する授業は2つある。
 その1つが、金曜の3,4,5限の連続演習。3コマ連続270分、つまり4時間半の長丁場だ。教壇に立つ側も大変だけれども、授業を受ける学生の方もなかなか大変だろう。
 しかも、金曜。もう、頭の中には土日の休みしかない時間帯だ。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

一年前は

by 唐草 [2014/04/10]



 今日から2014年度の授業がスタートした。
 学生に混じってスクールバスに揺られながら大学へと向かった。
 ぼくの勤める大学は、山の上にある。標高こそそんなに高くは無いが、街を一望できる高台にある。そんな立地で街から離れているので、朝はなんだか清々しい。春の朝日を浴びて、小鳥のさえずりを聞きながら教室へと向かった。まるで、ちょっとしたハイキングのようだ。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

まさかのOSが

by 唐草 [2014/04/09]



 Windows xpのサポートがついに終わりを迎えた。
 なんかPCの知識が乏しい人たちは、サポート切れ=使用不能と考えているようにも感じられる。
 サポートが切れても使用するだけなら問題無く使える。何らかの不具合や脆弱性が見つかっても放置されると言うだけ。ぼくは自宅のローカルネット環境内では、xpを使い続けるつもりだ。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

3億の車

by 唐草 [2014/04/08]



 高級車って言ったら、みなさんは何を思い浮かべるだろう?
 フェラーリ?ベンツ?
 何となくヨーロッパ車を思い浮かべそうな気がする。
 実際のところ、ヨーロッパには億単位のお値段がついた車がなん車種かある。
 フェラーリにもメルセデス(自動車好きは絶対にベンツとは言わない)にも億に手が届くような車はある。フェラーリだったらENZO、メルセデスだったらSLRとかSLS AMGあたりだろうか?でも、本当のセレブとアラブの富豪が顧客であるヨーロッパの自動車メーカーにしてみれば1億程度の車は珍しくない。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

全納かと思いきや

by 唐草 [2014/04/07]



 フリーランスというどこにも雇用されていない形式で働いていると、お金の出入りに敏感になる。収入や支出はもちろんだけれども、税金や年金・保険などのこともしっかりと考えるようになる。自分で払うと意識は大きく変わるものだ。
 取りっぱぐれの無い源泉徴収は、国にとってよいシステム。納税者は、なんの項目でいくら引かれているか分からぬまま各種のお金を上納している場合が多いだろう。ぼくも雇用されているうちは、そうだった。会社が年金とかを払ってくれるのは便利だと思っていたぐらいだ。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

500円硬貨で

by 唐草 [2014/04/06]



『二銭銅貨』の現代版を考えてみようという前日記事からの続き

 高性能な3Dプリンターを駆使して中にスペースのある500円玉を準備できたとしよう。
 では、中に何を入れようか?
 オリジナルの『二銭銅貨』では、点字ベースの暗号で盗まれたお金の在りかが書かれた紙が入っていた。この暗号はチープで、解読の方法も強引。作品の本質を理解していないと、安っぽい暗号に整合性の無い解読という判断を下してしまうことだろう。昔は、それでも良かったんだとさえ思ってしまいがち。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

500円硬貨を

by 唐草 [2014/04/05]



 数年前に(検索したら2009年でした)江戸川乱歩のデビュー作である『二銭銅貨』を現代版にリメイクできないものだろうか?というネタを書いていた。
 シャーロック・ホームズの現代版が大人気になっているところを踏まえると、古い作品を現代リメイクしようというぼくの発想は間違っていなかったのではないかと自信を深めてしまう。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。