カレンダー

2020/12
  2345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

おやすみRyzen

by 唐草 [2020/12/01]



 先月の初めに新しいPCを注文していた。注文と言っても、職場で使うPCなので自分で直接注文したわけではない。ぼくがやったのは、何人もがハンコを押すように設計された職場の備品購入申請書に欲しいPCの名前と価格を書いただけ。その書類が大勢の事務員の手を経て、最終的にお偉いさんの承認が降りるかは雲の向こうのできごと。分厚い事務処理の壁がはだかっているので、家電量販店に積まれているようなありふれたPCを購入するだけでも1週間以上かかる。今回ぼくが注文したのは、ドスパラのちょっとレアなBTO PC。うまくことが運んだとしても、地球半周分ぐらいの寄り道したのと同じぐらい時間がかかっても不思議はない。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

落ち葉の上で

by 唐草 [2020/11/30]



 9月以降、毎週月曜日の散歩が週課になっている。いつもの公園まで往復で小一時間かけて歩く。元気よく腕を振りながらハイペースで歩くので、歩数は6,000から8,000の間ぐらいを記録する。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

切取線

by 唐草 [2020/11/29]



 ぼくは自分の性格を「細かいところを気にするタイプ」だと考えている。この評価をどう受け止めるかは人によって分かれるだろう。好意的に解釈すれば注意深く律儀な性格となる。否定的に解釈すると些末なことばかり気にする融通の利かない性格だとみなされる。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

1997年には戻れない

by 唐草 [2020/11/28]



 先週からプレーを始めた1997年発売の初代『Fallout』。今となってはレトロゲームに区分されてもおかしくない古いゲームで遊び始めたのは、Falloutシリーズを制覇したいというオタク的野心からである。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

10インチは重い

by 唐草 [2020/11/27]



 先日、朝起きたら腕が上がらないぐらいに肩がバリバリに凝っていた。昨日は、右手の小指が突き指でもしたのかと思うほど痛かった。どういう訳か腕だけボロボロな状態で目が覚める日々が続いている。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

Windows 10 on ラズパイ4

by 唐草 [2020/11/26]



 ラズパイ4でARM版Windows 10を試用してみた。検索すれば様々な情報が手に入るとは言え、実際に使ってみないと分からないこともある。分かりきった結論にたどり着くことになるとしても、自分で試してみるのは重要。結果よりも過程が大切なこともある。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

時代は60%

by 唐草 [2020/11/25]



 ZenPad 3のバッテリーが完全に逝ってしまった。電圧が不安定すぎて電池残量の検出ができなくなっているのか、それとも落としたりしたことで基板にヒビが入って断線状態になってしまったのかは分からない。1つだけ確かなことは、フル充電で起動してもブラウザを開く前に予告なく電源が落ちることだけ。どう工夫しても使えそうにない。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

毒リンゴ

by 唐草 [2020/11/24]



 Appleの新商品情報に舞い上がって軽薄な記事を大量生産していることからも、ぼくがApple派であることは明白だ。事実、Macをメインに使い続けてきて20年を超えている(それでも漢字TALK世代ではない)。多くの人は、ぼくを見てApple信者だと考えるだろう。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

MSの本気度

by 唐草 [2020/11/23]



 先日、Appleが「Appleシリコン搭載Mac用のbootcampは準備できている。Windowsが使えるかはMicrosoft次第。」というような公式声明を出した。この声明をどう解釈するかは意見が割れそうだが、ぼくはAppleがMicrosoftを挑発しているように聞こえた。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

1/100

by 唐草 [2020/11/22]



 登山のTV番組が好きだ。でも、ぼくは自分で登山をすることはない。次の一文を「それなのに」で続けるべきか「だからこそ」で続けるべきかが難しい。ぼくが登山番組が好きなのは、自分では絶対にたどり着けない場所の風景を家にいながらにして見られるから。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。