カレンダー

2019/04
 
252627
282930    
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

乗っ取り返し?

by 唐草 [2018/08/25]



 "purchase receipt"という単語が含まれるメールが届いた。ここ何年も英語を読んでいないので、ぼくの英語レベルは平均的な中学2年生並みにまで落ちてしまっている。それでも、この単語がお金に関する話だという雰囲気は理解できた。
 どうせ、スパムだろう。ぼくに届くメールの大半は日本語なので、英語メールはスパムだと考えるのが普通である。
 とは言うものの、一応中身を確認することにした。
 発信元はRiots Games。PCゲーム『リーグ・オブ・レジェンド(以下LOL)』の開発元だった。ぼくがLOLで遊んでいたのは、7,8年前の話である。それなりに遊んだけれども、ガチ勢の暴力的すぎる熱意にやられて足を洗っていた。
 メールを読むと$50の課金の明細だった。
 えっ、課金?
 なんだかヤバそうな気がした。このリンクをクリックすれば$50分のポイントをゲットとかならいかにもスパムらしい。でも、そうじゃない。本当に課金履歴の通知メールなのだ。
 当然、ぼくが課金したわけがない。だって、もう何年もLOLで遊んでいないんだから。もし、アカウントがBOT業者に乗っ取られただけなら課金されることもないだろう。一体何が起きて、誰が課金したんだ?乗っ取られたアカウントが売られたのだろうか?
 Webからログインしてアカウント情報を確認しようとしたが、パスワード間違いでログインできない。やはり乗っ取られてパスワードを変えられてしまったのだろうか?それとも、数年ぶりなのでパスワードを忘れてしまっただけだろうか?真偽はわからないが、パスワードを忘れたときの操作をして、メール経由でパスワードの変更を行った。
 新パスワードでサイトにログインしたものの、Webからだと購入履歴などは見られなかった。仕方がないので、アカウントを確認するためだけにゲーム本体をインストールすることにした。
 ゲーム側から確認すると今日の日付でPayPal経由の課金履歴があった。メールの通りである。ぼくはPayPalアカウントを持っていないので、口座までハックされた訳ではないようだ。課金したお金でキャラクターを購入した形跡があった。
 対戦履歴を見てみるとここ数ヶ月で戦った形跡もあった。BOT業者に乗っ取られていたようにも見える。ただ、フレンドと一緒に遊んでいるので、古すぎる履歴の表示がおかしくなっている可能性もあるかもしれない。
 パスワードは変更した。クレジットカードやGoogleのアカウントが流出した形跡は見られなかった。最悪のケースは避けられたようだ。
 ホッと胸をなでおろしていたら、立て続けにスマホが通知音を鳴らした。パスワード強制変更のメールが何通も届いていた。あれ、これってもしかして乗っ取って課金した方が、パスワード強制変更要求をしているのではないか?
 ということは、ぼくが乗っ取り返したってことになるな。一連の出来事は、法的にどうなるのだろう?ぼくが$50丸儲けってことでいいのかな?返金したくてもできないしね。