カレンダー

2022/05
25262728
293031    
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

オーナメントを飾ろう

by 唐草 [2021/12/03]



 異性に無縁のオタク気質な陰キャ男はクリスマスを敵視しているという風潮がネットにある。その風潮に従えば、ステレオタイプに完璧に合致しているぼくはクリスマスを嫌悪していることになる。確かに大学生の頃に友人と「クリスマス中止のお知らせ」に乗って騒いだこともある。言うまでもないが、その友人も男だ。
 ネットのノリとしては楽しいアンチクリスマス。ひるがえって現実に目を向ければ、クリスマスを心底嫌っていると主張している人はほとんどいない。隣の芝生は青く見えるので、小さな嫉妬心がクリスマスキャンドルのように揺れる人はいるだろう。その炎だって行動を焚きつけるものではない。むしろ、商業主義的なイベントに踊らされない冷静な自分を演出するためにキライだと言っているだけという人が大半ではないだろうか?
 さて、ステレオタイプど真ん中のぼくはと言えば、最近クリスマスが前よりも好きになっている。プレゼントを贈り合う相手がいるからなんて言えると陽キャ的なのかもしれないが、ぼくは全然違う。クリスマスの定番ソングを垂れ流す場所が減ったことと青色LEDのイルミネーションが減ったことが、ぼくのクリスマスの好感度を上げている。いい歌だって何度も聞きたくないし、青色LEDの輝きは心まで冷やすように感じていたからだ。
 小さい頃からクリスマスオーナメントが好きだった。それは今でも変わらない。だから、飾り付けが進んでいるのを見るとウキウキしてしまう。小さくてカワイイものが溢れているのは悪くない。いつもとは違う街の装いを楽しめる。ハロウィンが好きなのとほとんど一緒だ。
 流石に自宅にクリスマスの飾り付けはしていない。設置が面倒だし、実際にやったら猫に破壊し尽くされるのは火を見るよりも明らか。幼い頃に猫とともにツリーを破壊したぼくが言うんだから間違いない。
 でも、バーチャルな飾り付けだったら猫に破壊される心配もないし、飾りたいものを好きなだけ飾れる。
 と言うわけで、ハロウィンに引き続きクリスマスも職場のサイトをクリスマス仕様にした。今年のオーナメントは13種類。