カレンダー

2018/01
 
   
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

広告に見る凋落

by 唐草 [2018/06/15]



 今やWebは広告で溢れかえっている。このサイトも皆さんのクリックとビューで維持できている(と言うことにしておこう)。本当にありがたい。
 ぼくは広告からの収益を受け取る立場にもあるが、それは限定的な話に過ぎない。ネットを使う時間の大半は、多くの人と同じように広告を見る側の人間である。様々な広告を見て、時に自発的に、まれに偶発的にクリックをすることで別の誰かからのサービスを影ながら支えている。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

緩いパスワードを使いたい

by 唐草 [2018/06/14]



 世界で一番人気のパスワードは、"password"だという統計を目にしたことがある。こういう報告を見ると考えることは皆同じなんだなと痛感できる。
 セキュリティーのためにパスワードが必要だというのは理解している。恩恵にもあずかっている。それでもパスワードは面倒だという感覚が付きまとう。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

艶のある紐

by 唐草 [2018/06/13]



 ちょっと昨日の話をさせてもらおう。日記としては禁じ手かもしれないが、火曜の記事を用意した後におもしろい事が起きてしまったので仕方がない。
 火曜日は比較的暇なことが多いので、可能な限り散歩に出て体を動かすように心がけている。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

英会話を学ぼう2018

by 唐草 [2018/06/12]



 昨日から様々な発表が行われているアメリカのゲームショウであるE3。アメリカ最大のゲームイベントであると同時に世界最大のゲームイベントでもある。E3と比べると東京ゲームショウなんて地方の小さなイベントにしか見えなくなってしまう。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

スイートロールの新作たち

by 唐草 [2018/06/11]



 アメリカのゲーム開発スタジオ『Bethesda』のファンは、早朝から大忙しだったはずだ。仕事がなければぼくだってあの大騒ぎに参加して、プレゼンターの一言ごとにリアルタイムで手のひらを返していただろう。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

たぶん体の中は緑色

by 唐草 [2018/06/10]



 昨晩、山ほどパクチーを食べてきた。重量にすると何グラムぐらいになったのだろう?500gは軽く越えていそう。食事を終えたぼくの胃袋は、緑色の草で限界まで膨らんでいたはずだ。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

山ほど食べる

by 唐草 [2018/06/09]



 久しぶりにパクチーを食べる会が開催された。前回が1月だったので、半年ぶりで今年2回目の開催である。
 会の趣旨は実に簡単である。パクチー好きが集まって、心ゆくまでパクチーを食べるだけである。巷ではパクチーを流行らせようとしていたようだが、あんなにも味と香りの強い香味野菜は好き嫌いが分かれてしまうもの。一般化するのは絶対に無理だと確信している。ここ最近で消費量が急増したのは、ぼくらのような一部のパクチー好きが際限なく食べ続けるからに他ならない。その食欲は底知れず、もはや害虫並みである。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

眠すぎる

by 唐草 [2018/06/08]



 昨日の朝はやばかった。自分の状況を客観的に示そうとしているのに「やばい」という語彙力が低そうな言葉しか出てこないほどにやばかったのだ。
 午前6時ジャストにセットした目覚ましの音にビクリと驚きながら目を覚ました。その後20分ぐらいベッドの上でダラダラしていたところまでは、いつも通り。でも、体を起こした瞬間に大きな違和感がぼくを襲った。明らかに目眩を起こしてフラフラしているのである。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

モニタの和訳

by 唐草 [2018/06/07]



 まだCPUのクロック数がメガヘルツだった時代。今から20年以上前の話である。これぐらいの頃は、コンピュータ関連の発展速度も今より穏やかだった。スピードが遅いというわけではないのだが、今ほど細分化されていなかったので最先端を追うことがずっと簡単だった。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

カラクサラボ出張所を作る

by 唐草 [2018/06/06]



 サーバ寄りのWeb開発案件を請け負うことの多いぼくは、発注側からすると都合のいい開発者なのだろう。自前で作るには骨が折れるが、企業に発注するほどの予算もない。だからと言ってクラウドソーシングだと能力に不安があるし、後々の改修まで契約できないかもしれない。そんな微妙な案件をコネとハッタリでかっさらってぼくは食いつないできた。信頼とスケールの隙間産業とでも言ったところだろう。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。